者の皆様、こんにちは!ブログの引越ししました。新サイトは http://colospgs.ryudesigns.com です。そちらのブックマーク更新お願いします。これからもよろしくお願いします。
Follow Masaru on Twitter Facebook_logo.png

2008年02月23日

アメリカでIRSとは尊敬すべき機関

ブログランキングリンクを応援してくれますか?
ついでにアメリカ情報ブログランキングも軽くカチッと。(笑)
マサルをツイッターでフォロー!

さん、こんにちは!

ワシントンDCの長旅から帰ったあと、家で郵便をチェックしていると、IRSからの封筒があるのに気がつきました。

IRSとはInternal Revenue Serviceの略でアメリカ国内の税金をコントロールしている、敵にはしたくない尊敬すべき機関です。

その内容を見ているとセブンイレブンを2ヶ月ほどやっていた2005年11月から2006年2月の間に数週間雇っていた女性の名前、住所、そしてSocial Security番号が、そのとき僕がオーナーだった会社名宛に書いてあります。

細かく内容 をみるとこの女性は1999年と2004年に脱税というか、税金を払っていなかったようで、2,500ドル(!)ほどの税金を払ってほしいというような内容でした。

"なんで僕が払うの?" がく〜(落胆した顔)
ってな感じでしたが、IRSに2回ほど電話をして(そのたび20分くらいの待ち時間)、やっとどうなっているのかわかりました。

IRSはこの女性を探そうとしているらしいのですが、その住所で突き止めることができず、前にあった雇用記録から僕の会社宛に連絡をしようとしているようでした。

もし僕の会社でまだ働いているようであれば、彼女の給料から差し引いてでも、彼女は税金を納める必要があるということでした。

結局、この僕の会社は現在稼動していないので、IRSの担当の人に

"もうこのビジネスはやってない。"

と伝えると、

"No problems!"

という感じでその連絡は無視してくださいということでした。。。

無事に今回は済みましたが、

"改めて脱税はしてはいけないことだ!"

と感じました。。。

ところで、また今頃も2007年どのTax return(確定申告)の時間がやってきましたね。

ビジネスをアメリカ国内でやっている方は3月15日締め切りです。また、個人でアメリカ国内で働いている方は4月15日締め切りです。(たぶんこの日にちは去年と同じで変更ないと思う。)

忘れずに!

僕も昨日やっと確定申告のソフトをインストールしました。今日からいろんな税金書類の整理です。。。

今年は不景気ということで政府が2007年度の確定申告をした人たちにだけ多少のマネーバックを5月からすると言っています。(この時期というのは昨日IRSの電話のメッセージに入っていた。)

景気がよくなるといいな〜〜〜。わーい(嬉しい顔)

スポンサーリンク



タグ:アメリカ IRS
posted by マサル at 09:50 | デンバー ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカのビジネス・サービス関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。