者の皆様、こんにちは!ブログの引越ししました。新サイトは http://colospgs.ryudesigns.com です。そちらのブックマーク更新お願いします。これからもよろしくお願いします。
Follow Masaru on Twitter Facebook_logo.png

2007年01月25日

アメリカで生まれた子供の英会話力

ブログランキングリンクを応援してくれますか?
ついでにアメリカ情報ブログランキングも軽くカチッと。(笑)
マサルをツイッターでフォロー!

メリカにおいての、英会話力、語学というのはホントに難しい。

今日は幼稚園に一番下の次女を迎えに行った。生徒たちは外で散歩から帰ってくるところだった。

そして、校舎に入った後、彼女は

"アッパ、We will be right back!"

と言ってクラスへとっとと帰って行った。 わーい(嬉しい顔) (アッパとは韓国語でパパの意味)

「全然日本語じゃね〜じゃんか!」
と心で思ったのだが、いい方が可愛いかったので何もいわなかった。

3歳で英語ベラベラ。ホントに良く止まらず喋る。まるでマシンガン。。。

残りは続きで。

ブログランキングリンクを応援してくれますか?
ついでにアメリカ情報ブログランキングも軽くカチッと。(笑)

一番上の長女はこれほど喋らなかった。が、一番下は上の二人とも喋っているから、言葉の上達が早い様に思える。

ところが、我が家の場合は家で英語、日本語、そして韓国語を喋る。そのため、3ヵ国語がごちゃまぜだ。

そこで、アメリカ現地校へ行くと気がつくことがある。

小さいとき(幼稚園くらい)は同じ年齢のアメリカ人の子供と比べると、それでもアメリカ人の子供程英語が喋れない。

もちろん、これは2ヵ国語以上喋る子供に多いらしい。

でも、全然心配なし。


数年の内に語学力がアメリカ人の子供に比べて逆転する。

長女は今9歳だが、英語と日本語をホントのネイ〒イブの様にあやつる。すごいもんだ。韓国語はそれほど勉強していないので、流暢ではないが。

いまではIQ(知能指数)140を越えるまでになった。


学校でもちろん、アメリカ人用第二ヵ国語のスペイン語のクラスもある。

このごろ、下の長男が「Hola! Como estas?」などと言い出したのには、笑いこけた。

語学は小さいころからというが、ホントにそのとおりである。


ところで、賢い子供を育てるにも秘密がある。

その秘密情報もそのうち公開していきたい。

スポンサーリンク



posted by マサル at 16:11 | デンバー ☀ | 英語がしゃべれるくらいではだめ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。