者の皆様、こんにちは!ブログの引越ししました。新サイトは http://colospgs.ryudesigns.com です。そちらのブックマーク更新お願いします。これからもよろしくお願いします。
Follow Masaru on Twitter Facebook_logo.png

2007年01月18日

アメリカ大学への留学経路編・その2

ブログランキングリンクを応援してくれますか?
ついでにアメリカ情報ブログランキングも軽くカチッと。(笑)
マサルをツイッターでフォロー!

日は何個か、本題に入る前に報告したいことがある。本題は一番↓↓↓にあるから、お見逃しなく exclamation×2

最初に、僕の母が日本で全く車の運転をしたことがないにもかかわらず、コロラドスプリングスの運転免許試験場で一発合格してしまった!これにはさすがに僕もちょっと驚いた。でも、父と一緒に結構運転の練習していたらしい。「おめでとう!」と言いたい。

次に、ブログアクセスカウンターが1000を今日越しました。そして、留学ブログランクの7位に、今日一時的に上がりました!応援どうもありがとうございます!

本題はこの↓↓↓。


昨日は10% の読者がブログランキングの支持をしてくれました。どうもありがとうございます! わーい(嬉しい顔)
このリンクを軽くクリックして、今日も応援してくれますか?


さて、今日の本題は”アメリカ大学への留学経路・その2”だ。

僕の留学経路はこんな感じである。

高校卒業
↓↓↓
日本にある、アメリカの大学へ入学
↓↓↓
このアメリカの大学のアメリカ本校へ留学(1セメだけ)
↓↓↓
南コロラド大学へトランスファー(2セメだけ)
↓↓↓
コロラド大学ボウルダー校へトランスファー(学士号終了)
↓↓↓
就職、コロラド大学ボウルダー校大学院入学
↓↓↓
近くの大学で教授として教え始める。
↓↓↓
就職、コロラド大学ボウルダー校大学院卒業


どうであろうか?

この間に子供も二人生まれた。一時期は3つ仕事を掛け持ちしていた。

はっきり言って、忙しすぎるほど忙しかった。あはは。。。


ところで、留学しようとしている人が気になるのはやはりトランスファーが多かったことだろう。

もちろん、トランスファーを数回したのは理由がある。(これ、話し始めると長くなると思うが、数回に分けてでも言ってみようと思う。とても大事なので。)

最初は、「どうしてアメリカの大学の本校へ1セメしか来なかったのか。」であろう。

これはとても簡単である。 

「日本人が多すぎた!」のである。

ドーム(宿舎)にも日本人のルームメート3人と住んでいた。

言うまでもないが、僕はとても真剣に英語を習おうとしていた。 そのため、日本人が多いのは僕にとっては不都合であった。

島国根性は捨てた。できるだけその学校のほかの国からの生徒と話すようにした。もちろん、日本語をすべて捨てられる環境ではなかったが。。。

日本で在学中にこの事実は知っていた。そのため、日本にいた時から南コロラド大学へ行くことを決めていた。

南コロラド大学へのアプリなど、すべての手続きはすべて自分で日本からやった。Eメールやインターネットなどまだほとんど日本では普及していなかった時代だ。そのため、すべて手紙で連絡を取り(これは時間かかった)、最初はアプリの取り寄せからやった。

TOEFLの試験も3回ほど受けた。一回目でそのときのTOEFL採点方で500点を超えた。

そのときは500点が一種の留学基準点であった。

3回目でTOEFL550点を超えた。
それからTOEFLは受けなかった。試験代のお金がかかるし、そして、僕は必要最低限の努力しかしないからだ。 わーい(嬉しい顔) それ以上努力していれば多分、アメリカの超一流大学に入れたかもしれない exclamation&question

まあ、そんな冗談はどうでもいいのだが、重要なのは「自分ですべて手続きをやり、日本にいる時点でコロラド州、ワシントン州、そしてカリフォルニア州にある大学3校から合格通知をもらった。」ということだ。

そして、コロラド州にある南コロラド大学に入学することに決めた。

では、なぜ南コロラド大学でなければいけなかったのか? これは明日にしよう。

スポンサーリンク



posted by マサル at 13:46 | デンバー ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ大学留学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31633448
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。