者の皆様、こんにちは!ブログの引越ししました。新サイトは http://colospgs.ryudesigns.com です。そちらのブックマーク更新お願いします。これからもよろしくお願いします。
Follow Masaru on Twitter Facebook_logo.png

2007年01月05日

チャンスはそこらじゅうに転がっている編

ブログランキングリンクを応援してくれますか?
ついでにアメリカ情報ブログランキングも軽くカチッと。(笑)
マサルをツイッターでフォロー!

ロラドで1月4日というのは忘れらない日だ。95年のこの日、僕は現在のWifeとボウルダー市で入籍した。僕は若干21才のまだコロラド大学ボウルダー校の学士課程に在籍していたときである。彼女は同校大学院のピアノパフォーマンスを専攻しているときであった。もう12年も前の話である。

一体僕は正気であったのか? それとも??

一日一回バナーを軽くクリック応援いただけますか? 左斜め下

banner_04.gif

クラスのアメリカ人の友達はこう言った。

「結婚なんかたいしたことないよ。最初がだめなら、離婚して次の探せばいい。嫌いになったら一緒にいる必要ないよ。」

は、は。。。これは離婚率50%のアメリカでは当然の考え方かな。 がく〜(落胆した顔)

「日本人はそうじゃないんだよ。」と、言い返したが理解に苦しんでいるようだった。

僕のWifeは日本人ではない。韓国人である。韓国で生まれ中学の時にアメリカ人のお父さんに連れられて、アメリカに来た。彼女はハーフではなく純粋な韓国人だ。韓国語をもちろん流暢に話す。

戦時のことに詳しい人は「どうやって韓国人と結婚したのか?」とよく聞く。

もちろん彼女が彼女のお母さんに話したときは「No Japanese!」と言われたらしい。戦時を体験しているからだ。

彼女は3歳年上。彼女はどうして年下の学生の僕と結婚する決心をしたのか。彼女は正気だったのか?

彼女は僕に「可能性を見つけた。」と言った。これは僕のTOEFLの点を見たときから始まったらしい。それほど自慢できる点数ではなかったが、一流大学院に楽に入れる点数で(多分超一流はだめだったと思うけど)、日本にあるアメリカの大学在籍中に2000人の生徒の中で1,2を争う点数であった。

また、2重専攻していたこともあり、「がんばり屋」であることを察したらしい。

彼女も大のがんばり屋である。大学時代はピアノ専攻で、授業料はすべて奨学金から払ってもらった。ピアノ専攻の生徒の中ではいつも発表会で1等賞の実力者であった。高校の時からピアノを生徒に教え始め、一時期40人以上の生徒と自分のスタジオをもち、フルタイムでピアノを教えていた。

父に彼女を紹介したときに「人生の中で何度か結婚対象になる女性に会うと思うけど、彼女はその一人かもしれないね。」と、彼は言った。

12年経った今も、僕は全然後悔していない。いままでの成功のことを考えると、正しい選択をしたと言える。

どんなことにしてもそうだが、チャンスというのはそこらじゅうに転がっているものだ。

僕はどうして日本にあるアメリカの大学へ行ったか?

高校2年の英語教師は僕がそれを進学カウンセリングで伝えた時、猛反対をした。浪人してでも、日本の大学へ行ったほうがいいと。

どういった理由で言ったのか聞かなかったと思うが、僕が高校時代の90年代前半というのは留学するのが今ほど流行っていなかったし、そうして成功した者の前例が僕の学校ではなかったからだと思う。

結局3人ほど僕の学年で日本にあるアメリカの学校へ進学したのがいた。僕を含めてである。後の二人は今何をしているか分からないけれど。

この選択も周りからみればかなり無謀と思われたかもしれない。

21歳で結婚するのとほぼ同じだ。 わーい(嬉しい顔)

日本にあるアメリカの学校へ進学したのも、父の助言のおかげだ。彼はアメリカ外資系の会社とよく取引があったし、アメリカにもよく来ていた。英語もとても流暢だ。僕が生まれたときにもアメリカにいて日本に不在だったと言う事実は今になれば笑えるかな。。。母にしてみれば災難だったと思うけど。

そして、「日本の大学へ行くのなら、アメリカの大学へ行くのもひとつのオプションだ。」と父は言った。

僕もとりあえず無謀(!?)に挑戦する姿勢があった。やればできるとなぜか思っていた。

もし、僕がそう考えなかったらどうだったろう? 日本の大学へ行って、普通のサラリーマンになっていたかもしれない。

人間、頑固はやめて、心を開くことがとても大切だ。 You have to be open minded. これもよく言われる英語言葉の一つである。また、心を開くことがあなたを柔軟にし、あなたはあらゆる環境に適応できるようになる。

僕にはこれらのチャンスを選択する義務があった。 

チャンスというのはどこにでも転がっているものである。 何に関してもだ。

また、これらのチャンスは気をつけて見ていなければ、あなたはその横をただ通りすぎてしまうだろう。

そのチャンスをつかむ勇気があるか、姿勢があるか、気持ちがあるか。すべてはそれにかかっている。

あなたも、身の回りを見回してほしい。チャンスが何個探せるかチャレンジしてほしい。そして、そのチャンスはあなたが欲しい物なのか考えて欲しい。欲しいなら、どうやってそのチャンスを獲得するのか考えて欲しい。

考えて欲しい。

ちょっと考えるだけで、あなたの周りの空気は突然変わるかもしれない。そして、その変化を楽しんで欲しい。

「成功」の言葉がすぐそこに転がっているのが見えますか?

スポンサーリンク



posted by マサル at 05:48 | デンバー ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカで成功する秘訣
この記事へのコメント
マサルさん、いいお話ですね。
私も後悔しない人生を送りたいと思っています。
今年もよろしくお願いします。
Posted by misaki at 2007年01月06日 00:18
結婚12周年ですね。
おめでとうございます。

結婚はそれぞれに、それぞれの形があると思うのですが、私のように異文化の者と結婚していると時に戸惑うことも結構あります。
そうですね。
結婚は自らの覚悟で築き上げていくものですね。
日々、チャレンジです。

ところで、全く話は変わりますが、GmailDrive、便利ですね。
利用させてもらっています。
情報ありがとうございました。
Posted by Mrs.ドルフィン at 2007年01月06日 05:01
>>Misakiさん、こんにちは!こちらこそ今年もよろしくおねがいします!

>>Mrs.ドルフィンさん、こんにちは!韓国の文化というのはアメリカと比べると日本に似ているので一緒に住みやすいと思います。僕は韓国料理が好きなので、よかったです。(笑)そちらも、国際結婚がんばってください!

それでは、また!
Posted by マサル at 2007年01月06日 05:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30847928
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。