者の皆様、こんにちは!ブログの引越ししました。新サイトは http://colospgs.ryudesigns.com です。そちらのブックマーク更新お願いします。これからもよろしくお願いします。
Follow Masaru on Twitter Facebook_logo.png

2006年12月10日

カブスカウト-クリスマスキャロル感動編

ブログランキングリンクを応援してくれますか?
ついでにアメリカ情報ブログランキングも軽くカチッと。(笑)
マサルをツイッターでフォロー!

夜はカブスカウトのキャンプがあった。イベント

「12月のこの寒いコロラドでキャンプするの?」と自分でもひっくり返ってしまったが、とりあえず外ではないらしい。(外では夜はもちろん氷点下。) もうやだ〜(悲しい顔)


Camp1.JPG
へそが見えてるぞ〜〜〜、へそが(笑) exclamation×2 左斜め上


続きを読む前にバナーを軽くクリック応援願いします。左斜め下
banner_04.gif
新しいウィンドウが開きますが気にしないで。現在110位くらいをさまよっています。25位以内入賞がんばるぞ exclamation

キャンプは小学校の体育館で。(あ〜、よかった。凍らないですむ。。。)とりあえず、外でやるキャンプのようにテント、寝袋、その他もろもろ、持って行った。

このままでは何も面白くないのだが、夜7時ごろにカブスカウト全員で近くのナーシングホーム(Nursing Home)へ行った。これは日本語でなんというか知らないけど、とりあえずとても高齢の人達が自分の家に住むのではなくて、世話をしてもらえる施設に住むところ。

何をやるかというと、みんなで一部屋ずつ回って、クリスマスキャロルの歌を歌ってあげるの。 クリスマス

「クリスマスキャロルの歌ってどんな歌?」

たとえば、ジングルベルだとか、サイレントナイト、サンタが町にやってくるなど、クリスマス関連の歌のこと。

この施設に住んでいる人は言ったとおり、とても高齢。皆90歳は超えてるかな。車椅子に乗ってる人ばかりで、酸素を管で吸っている人もしばしば。
これらの人の反応を見るのがとても興味深い。

ぼくは施設に行って歌をうたうの初めて。(もちろん息子も。)
息子も興味深かったらしく、列の一番前で歌ってた。 るんるん

中には、車椅子に乗ってまったく反応を示さない人(反応できないのかもしれない。)、指揮を手を回して始める人、一緒に歌い始める人、ただ聞いて涙ぐむ人、などなど反応いろいろ。カブスカウトでは毎年この時期行くみたいで、これを楽しみにしている人たちもいるみたい。

次の人の所へ行く前に「メリークリスマス」と言って、その次へ。今回僕達は施設の3階の部屋(全部で20部屋くらいかな。)を全部回って帰ってきた。

有難いと思われているのが手に取るようにわかって、これは結構感動もの。もうやだ〜(悲しい顔) なかなか良かった。自分がこの年になったとき、小さい子供にクリスマスキャロルを、たとえ年一回でも歌ってもらったら、やっぱりとても感謝するだろうな。60年後のことを一瞬考えてしまった。。。

日本のカブスカウトでもこんなことやるのかな?

スポンサーリンク



posted by マサル at 00:23 | デンバー ☀ | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。